がんプロ.com

胃がんの予防と治療

To view this page ensure that Adobe Flash Player version 11.1.0 or greater is installed.

番組内容

胃がんは減少しているとはいえ、日本人にとって罹患率・死亡率ともにいまだ高率です。今回は胃がんの現状ならびに予防、そして治療法の実際について紹介します。

胃がんは世界的にも国内でも、罹患率・死亡率ともに減少しているとはいえ、日本人にとってはまだまだ非常に身近に感じられるがんです。そのリスク因子としては食塩などとともにH. pylori 感染が重要であり、除菌をすすめることで将来的にはpylori 感染が原因の胃がんは減少していくと思われます。

一方、胃がんの治療法は進歩しており、早い段階で診断された場合には身体に負担の少ない治療で終わる可能性が高くなります。また抗がん剤治療も以前と比較すると非常によく効くようになってきたため、進行した胃がんでも治療成績は非常に向上してきました。

出演講師

  • 西村元一先生(金沢赤十字病院)

関連リンク

その他

この動画は、2011年11月22日に金沢ケーブルテレビネット「まちスタ530」で放送されたものです。