がんプロ.com

第11回「あきらめないで大切な命~薬物療法の進歩~」

アウトライン

抗がん剤と分子標的薬

がんに対する薬は、例えば肺がんの場合、20年前は4つしかありませんでしたが、1990年頃には、吐き気が少なく点滴時間の短い薬が増えてきました。さらに今世紀に入って、分子標的薬というものが出てきました。

分子標的薬であるイレッサやタルセバは、効く人と効かない人がはっきりしているのが特徴です。腫瘍組織を採取して検査し、EGFR遺伝子に変異があれば80%の確率で効きます。

このように、進行期非小細胞肺がんの患者さんに対して、従来は抗がん剤2剤の併用で奏効率30%だったものが、2009年からはイレッサによる治療法が選択でき、奏効率が80%になります。

おわりに

がん治療において信頼関係を持つことが大事です。自分の病状をしっかりと把握し、理解した上で治療法を決めてください。

今、いろんな薬が出てきています。再発、進行がんでも、今を乗り切れば次のチャンスがあります。苦しくても希望を持って、今を乗り切ってください。

今回の講師について

金沢大学附属病院 がん高度先進治療センター
金沢大学がん研究所 腫瘍内科

矢野 聖二 先生

専門分野

  • 臨床腫よう学
  • 呼吸器の腫よう

研究課題

  • 肺癌多臓器転移の分子機構解明
  • 分子標的薬の耐性機構の解析

所属学協会

  • 日本癌学会 評議員 2007
  • 日本臨床腫瘍学会 評議員 2007
  • 日本呼吸器学会
  • 日本がん転移学会 理事
  • 日本内科学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 米国癌学会
  • 米国臨床腫瘍学会

参考リンク