がんプロ.com

がんプロ専門科目の単位認定要件について

北陸がんプロ専門科目の単位認定要件を次の通りとします。

 

1.通常科目

がん外科学特論、腫瘍病理学特論、臨床腫瘍学特論、がん緩和医療学特論、腫瘍薬物学特論、腫瘍放射線医学特論、臨床統計学特論、臨床栄養学特論、分子腫瘍学特論、分子生物学入門、腫瘍病理学演習、臨床統計学演習およびコンサルテーション論の 13 科目

  • 各科目は、6 回の講義からなり、順不同で聴講が可能です。
  • 合計 6 回の講義のうち、4 つ以上の講義が可となれば、その科目は合格となります。また、最終成績は、各確認テストの合計点となります。
  • 逆に、不可の講義が 3 つ以上となった場合、その科目は不合格となります。
  • 科目の合格をもって、がんプロ認定に必要な単位とします。

北陸がんプロでの受講の場合

  • 各講義は、約 60 分の講義と 15 分程度で解答できる確認テストで構成されています。
  • 受講生は、まず講義を聴講していただきます。(がんプロ全国 e-learning クラウドでの代替講義が可能です。)
  • 講義の聴講の後、確認テストを受験することができます。
  • 確認テストは 3 問からなり、2 問以上正解して講義が可となります。
  • 正解数が 2 問に満たない場合、再受験が必要になります。
  • 再受験の問題は前回と同じ問題であるとは限りません。
  • 正解が 2 問に満たない場合、該当する講義は不可となります。(30 点満点の 20 点以上を合格。)

代替講義(がんプロ全国)での受講の場合

  • 動画はすべてのチャプター(CH.)を視聴する。
  • 小テストは最大 3 回受けることが可能です。
  • 合否判定はテスト中合否判定ができるため、全問正解で合格となります。

 

2.臨床統計学演習

  • この演習は 12 章の講義からなっています。
  • 各章講義は「必修受講講義」と「自由受講講義」に分かれています。「自由受講講義」の受講の有無・試験の成績は、コース合格条件に影響しません。
  • 各章の試験問題は、100 点満点中 66 点以上の得点によりその章がクリアとなります。(問題数が 2 問の試験は 2 問正解にて合格。3 問の試験は 2 問にて合格です。)
  • 「必修受講講義」全 6 回の中から 4 回分の章をクリアすることで合格となります。
  • 合格をもって、がんプロ認定に必要な単位となります。

がんプロ教務委員長
若山 友彦

(2015 年 4 月 1 日改定)