がんプロ.com

北陸がんプロ概要

北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プランは、これまでと同様、北陸地区における医科系4大学(金沢大学、富山大学、福井大学、金沢医科大学)、看護系1大学(石川県立看護大学)より構成されます。本プランのスキームは、①がん教育改革(本科8コース)、②地域がん医療(インテンシブ11コース)、③がん研究者養成(本科2コース)より構成されています。①教育改革については、IPEによるチームマインド養成カリキュラム、多職種連携によるチーム医療のリーダー養成カリキュラム、医科系大学連携による単位互換制度を特徴とします。②地域がん医療については、能登北部地区等の医療過疎地域を拠点とした地域がん医療研修、インテンシブコースによる地域がん医療の指導者養成、がん専門医の地域定着を狙いとするコースを設けています。地域がん医療に貢献できる看護師養成コースを設け、地域看護の活性化、休職中看護職復帰へ繋げます。③研究者養成については、国際機関連携教育、卒前・卒後一貫教育、MD-PhDによる学部・大学院一貫教育による高度な研究能力を有するがん研究者養成を図っていきます。

北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プランによるがん専門医療人養成

  • 臨床現場でチーム医療のリーダーとして活躍できるがん医療スタッフの養成
    医学系がんチーム医療リーダー養成コース、がん看護専門看護師養成コース、がん専門薬剤師養成コース、がん専門放射線技術・医学物理コースなどを設置し、臨床現場でチーム医療のリーダーとして活動できる人材を養成します。またがん患者視点での最適な治療実施のため、がん患者も含めたIPEワークショップを実施します。
  • 地域医療に貢献できるがん専門地域医療人の養成
    地域がん専門医師養成コース等を設置し、大学と連携し、地域医療過疎地域の拠点病院においてテレビ会議、E−learning等のICTプラットホームによる研修、スタッフ教育、キャンサーボードを実施します。地理的・時間的制限を受けない研修環境を整備します。また、「地域がん医療人養成コース(地域がんネットワーク活用による多職種連携)」を設置し、テレビ会議、E-learning等のICT、地域がん医療ネットワークの活用により多職種協働できる人材を養成します。「地域がん看護師養成コース」および「地域がん看護活性化コース」を設け、地域看護の活性化、休職中の看護師の復帰へ繋げます。
  • 国際的視野を持ったがんに関する新たな診断・治療法などの開発研究等を担う、高度な研究能力を有する研究者の養成
    「がん研究者養成のための卒前・卒後一貫教育コース」、「がん研究者養成コース」を設置し、MedicalResearchTrainingプログラムやMD-PhDコースなどの独自のシステムによる学部・大学一貫教育および国際研究機関と連携した教育により国際的にレベルの高い優れた研究能力を有するがん研究医を養成します。

事業の期待成果


●患者の立場に立ったがんチーム医療リーダー養成により、円滑な多職種連携による臓器横断的がん医療が進歩し、全人的がん医療の普及。
●地域にがん専門の医療人が定着し、地域のがん医療レベルの向上。
●都市部の専門病院と地域医療の連携(がん早期発見、術後の経過観察、在宅化学療法、緩和ケア等)が促進され地域住民の利便性およびがん医療の均てん化向上。
●医療スタッフの地域定着による地域医療の活性化。
●休職中の医療スタッフの地域がん医療への復帰促進。
●国際的レベルの優れたがん研究能力を有する高度がん研究医の早期養成。

 

実施体制

運営組織